下取り

2019.03.17

古くて大きなワードローブの処分に困ったら引き取りが最速で簡単!

古くて大きなワードローブの処分に困ったら引き取りが最速で簡単!

ワードローブを引き取りしてもらうコツをプロが解説!

ワードローブを引き取りしてもらいたい、という方は多くいらっしゃいます。

しかしワードローブを引き取りしてもらうにもどの方法がもっともよいのかわからずいつまでも家にワードローブがいすわっているご家庭もしばしば。

ワードローブを引き取り処分する方法として一般的なのは

などですがそれぞれを比較してベストな引き取り方法をみてみましょう。

ワードローブを粗大ゴミとして引き取り処分

粗大ゴミで処分

ワードローブを処分するのに、自治体の粗大ゴミサービスを使う方法がもっとも一般的といえるでしょう。

粗大ゴミサービス自体が身近な存在ですので、利用した経験がある方も多いはずです。

ワードローブを粗大ゴミとして捨てるには、リサイクル券を購入します。

市役所に電話してワードローブのサイズなどを知らせ、リサイクル券がいくら分必要か聞いたら、郵便局やコンビニで粗大ゴミ用のリサイクル券を購入します。

自治体で違いますが、ワードローブ1個の回収手数料は数百円~数千円位です。

リサイクル券を購入したら、指定日時に自分で回収場所にワードローブを搬出します。

もっとも身近なワードローブの引き取り処分方法ですが、重たいワードローブの移動や費用面を考えると、便利とはいえませんね。

ワードローブを不用品回収業者で引き取り回収

衣類の片づけ

不用品回収業者でワードローブを引き取り回収してもらう方法であれば、自分で運ぶ手間はありませんし便利なサービスといえます。

また他に不用品があれば一斉回収してもらえるというメリットもあります。

ただ引き取り回収費用がワードローブ1個で数千円~と粗大ゴミサービスよりもかなり割高になりますし、不用品回収業者はワードローブに限らず全てを「ゴミ」扱いするので、現金に換えることができない点も粗大ゴミサービスと同じです。

ワードローブを家具買取業者で引き取り

並んだハンガー

ここまで紹介した方法は、ワードローブの引き取りに費用が必要だったり、手間が非常にかかることばかりです。

しかし、家具買取業者にワードローブを引き取りにしてもらえば、費用はかからず運出作業まで無料で行ってもらえ、現金に換えることも可能です。

ワードローブの専門家が査定するので、適正価格になって安心というメリットもあります。

かいとりや本舗は家具から家電まで幅広く買取していますので、他の不用品もまとめ売りすることで、査定額アップ&万が一ワードローブが買取不可でも無料引き取り可能になることもあります!

また他の業者がかいとりや本舗より少しでも高い査定額をだした場合は、それよりも高い査定額に修正させていただきます!

もしワードローブの引き取りをお考えでしたら、かいとりや本舗の無料査定をぜひご利用ください!

これ買取り?買取り不可?
悩む前にまずはご相談!
Contact

1.お電話でのお問い合わせはこちら

0120-80-4189

受付時間▶ 9:00〜18:00 年中無休
※年末年始・盆除く

一覧に戻る