廃棄処分

2019.02.28

今、日本製の重厚家具が海外で人気!引き取りに出して換金しよう!

今、日本製の重厚家具が海外で人気!引き取りに出して換金しよう!

重厚家具の引き取り額を高くしてもらうコツとは?

重厚家具を引き取りして現金に換えるにはちょっとしたコツがいります。

重厚家具は引き取り業者自体が少なく、お金に換えるにはコツを抑えておかないと逆に費用がかかってしまうケースもあります。

そこでここでは重厚家具の引き取りについてご紹介します!

重厚家具を引き取りしてもらうコツ

重厚家具を引き取りして現金にするコツをしっかり押さえましょう!

重厚家具の掃除とメンテナンス

新品の状態

重厚家具だけでなく家具の掃除やメンテナンスは、新品の状態に可能な限り近づけることがポイントです。

ただ、家具の種類や素材で道具や掃除の仕方は異なり、誤った方法で家具をキズつけないようにする必要があります。

お持ちの重厚家具の素材などに合った掃除を行いましょう。

重厚家具に使われている革製品

重厚家具がに汚れがある場合は、乾いた柔らかい布で拭き取ります。

乾拭きで汚れが落ちないのであれば、レザー用洗剤を薄めて水拭きして、空拭きで仕上げます。

革製品は温度変化や湿気、アルコールなどの溶剤に弱い特性があるので、掃除の後は風通しがよく、直射日光が当たらない場所で乾燥させます。

布製品

布製品は表面のホコリなどをまず掃除機で吸い取ります。

中性洗剤を薄めて汚れを水拭きしますが、水気が多すぎると布などが汚れと水分を同時に吸ってしまい、汚れの範囲が拡大するので気を付けましょう。

掃除したら風通しの良い場所でしっかり乾燥させます。

木製品の重厚家具

重厚なチェスト

木製品は湿気や乾燥に弱い特性があります。

ホコリは柔らかい布で拭き取り、汚れは固く絞った雑巾で水拭きし、乾拭きで水気をしっかり取るようにします。

直射日光やエアコンの風に直接さらすと乾燥でヒビがでることがありますのでこちらも注意しましょう。

ガラス製品

ガラス製品はホコリが目立ちやすいので、定期的に柔らかい布で乾拭きしましょう。

乾拭きで落ちない油性の汚れは、中性洗剤を薄めて水拭きするとよいです。

ガラス面に水分が残っているとキズの元なので、掃除後に乾拭きすることがポイントです。

スチール製品の重厚家具

スチール製品はホコリや指紋がつきやすいので、日々の乾拭きが重要です。

落ちにくい油性汚れなどは、固く絞った雑巾で水拭きをして乾拭きするようにします。

重厚家具を見積もりする時のポイント

重厚家具の見積もり

重厚家具だけでなく家具の見積もりの際は買取に出す家具情報をできるだけ詳しく伝えるとよいです。

  • ブランド/メーカー名(ノーブランド品は購入店名)
  • 製造年数
  • 使用期間
  • キズや汚れの状態
  • 付属品の有無
いかがでしたか?

重厚家具を引き取りしてもらうコツについてご紹介してまいりましたが、重厚家具の引き取りをお考えでしたら、かいとりや本舗の無料査定をぜひご利用ください!

これ買取り?買取り不可?
悩む前にまずはご相談!
Contact

1.お電話でのお問い合わせはこちら

0120-80-4189

受付時間▶ 9:00〜18:00 年中無休
※年末年始・盆除く

一覧に戻る