コロナウィルスの感染拡大防止に向け、当面の間営業時間を9:00〜17:00まで短縮させていただきます。

買取相場

2018.10.06

厨房機器を少しでも高く売るなら抑えておきたいポイントをご紹介

厨房機器を少しでも高く売るなら抑えておきたいポイントをご紹介

厨房機器の買取で知っておきたいポイント!

厨房機器を買取にだす際に、ちょっとしたコツを押さえておくだけで、厨房機器の買取額が高くなることがあります。

そのままの状態で厨房機器を査定してもらうより、その前にできる範囲のことを行って厨房機器を高く買取してもらいましょう!

ここではそんな厨房機器を買取にだす際のコツをご紹介します!

厨房機器の買取のコツ1ーできるだけ早く売る

ガスコンロ

厨房機器であれなんであれ、中古品はなるべく早く買取にだすことが大切です。

厨房機器に限りませんが新商品はどんどんでますので、中古品の販売には製造年式が非常に大事なポイントになります。

不要だと思った段階でできるだけ早く査定を受け、買取にだすことが高価買取のコツにもなります。

厨房機器の買取のコツ2ー詳細情報をしっかり知らせる

厨房機器の買取業者にこちらが本気で売るつもりがある、ということを伝え、買取業者も本気になってもらうことも大切です。

問合わせフォームにはできるだけ詳細情報を記入しましょう。

メーカー名や型番は厨房機器の買取査定で重要項目になりますので、この2つは面倒でもしっかり調べて買取業者に伝えるようにしましょう。

厨房機器の買取のコツ3ー解体業者に任せず自分で売る

鍋

厨房機器を閉店する際に買取にだす場合、スケルトン工事と一緒に解体業者に頼むケースが多くあります。

しかし、解体業者は、売れる厨房機器でも下請けの産業廃棄物処分業者に頼んで売れなくなってしまうケースや、解体業者のマージンを多くとられ、ありえないほど安値になってしまうケースが多々あります。

この理由から、解体業者に任せるのではなく、自分で買取にだせるものは自分で買取にだすこともコツです。

厨房機器の買取のコツ4ーまとめ売りする

買取の際に業者からすると、一点でも複数点でも配送にかかるコストや人件費にさほど差はありません。

つまり、一点より複数点をまとめて買取したほうが、一点にかかる配送コストや人件費を抑えられるので、まとめ買いできるのであれば、業者は節約できたコスト分のいくらかを一点あたりの買取価格に上乗せできるのです。

厨房機器を買取にだす際は、他にも売れるものがないかよく探してあれば一緒に査定にだしましょう。

厨房機器の買取のコツ5ー付属品を揃える

自分が中古品を買うことを考えるとわかりやすいのですが、付属品や取扱い説明書があるものと、ないものが同じ値段だったら、もちろん付属品や取扱い説明書があるほうを買いますよね。

厨房機器だけではありませんが、できるだけ購入した際と同じ状態にするのが高価買取のコツです。

厨房機器の買取のコツ6ー綺麗にしておく

磨かれた換気扇

業者は厨房機器を買取して、それを中古品として他で販売しますが、販売する前に、綺麗に磨いて売るわけですが、これには人件費がかかります。

買取前にすでに厨房機器が綺麗に磨かれていれば、その人件費を節約できるので、その分査定額をプラスすることができるのです。

油汚れなどは特に綺麗にし、できるだけしっかり磨いて査定にだしましょう。

厨房機器に限りませんが、何か売るときはできる限り綺麗に磨いておくと査定額が上がりやすくなるのです。

厨房機器の買取のコツ7ー動作確認ができる状態にしておく

厨房機器が壊れていては、もちろん買取はできません。

査定の際は必ず動作の確認を買取業者は行います。

厨房機器は精密機械なので特に壊れやすいものなので、買取にだす厨房機器が動くことを証明するために、電源は落とさずにしておきましょう。

冷蔵庫などは冷えるのに時間が必要なので、特に注意が必要です。

厨房機器の買取のコツ8ー複数社に見積りを依頼する

見積を依頼

厨房機器の買取でもっとも大切な部分は、「複数社に見積りを依頼する」ことです。

買取業者ごとに、買取を強化している厨房機器、強い分野、業者の在庫状況などそれぞれ事情は大きく違います。

1社でなく、必ず3社くらいには見積りを依頼してその中で一番高く厨房機器を買取してくれる業者を選びましょう!

 

いかがでしたか?

厨房機器の買取のコツを8つご紹介してまいりましたが、少しでもご参考にして頂ければ幸いです。

これ買取り?買取り不可?
悩む前にまずはご相談!

Contact

お電話でのお問い合わせはこちら

電話アイコン

0120-80-4189

受付時間9:00~17:00 年中無休

※年末年始・盆除く

一覧に戻る