買取方法

2018.12.27

嫁入りタンス処分、買取、破棄、回収、料金、気になる情報まとめ

嫁入りタンス処分、買取、破棄、回収、料金、気になる情報まとめ

嫁入りタンスの処分方法をプロが解説!

嫁入りタンスを処分するやり方はいくつかあります。

嫁入りタンスの処分法で一般的なものには、

などがあります。

それぞれのメリットやデメリットなどみてみましょう

嫁入りタンスを販売店やメーカーで下取り/引取り

引き出し

嫁入りタンスを販売店で下取りや引取りしてもらう場合は、新しい家具を買い替える際に申込みます。

販売店によって、申込がないとサービスを受けられないケースもあるので注意しましょう。

メーカーの下取りや引取りサービスも同様に、買替えのタイミングで申込します。

回収日時や回収方法は、販売店やメーカーから指示があるので、それに従います。

販売店やメーカーの下取りの場合、実質は数千円位のキャッシュバックになり、新品を買う際に安くなることが多いです。

引取りはたいてい無料ですが、有料の場合もあるので確認するようにしましょう。

嫁入りタンスを粗大ゴミとして処分

嫁入りタンスの処分方法で、自治体の粗大ゴミサービスを利用する方法もあります。

嫁入りタンスを粗大ゴミで処分する際は、リサイクル券が必要です。

郵便局やコンビニで、粗大ゴミ用のリサイクル券を売っているので、市役所に電話してサイズなどを伝え、必要な額のリサイクル券を買いましょう。

自治体で違いますが、洋服ダンス1個の回収手数料は数百円~2,000円位です。

購入したら、指定日時に自分で回収場所に嫁入りタンスを運びます。

嫁入りタンスをリサイクルショップで処分する

リサイクルショップで処分

嫁入りタンスはリサイクルショップでも処分可能です。

嫁入りタンスでも、サイズが小さいものや綺麗なものが買取対象になりやすいです。

ただ、大きいものは買取不可になることも多く、また家具のプロがリサイクルショップにはいないことはほとんどのなので、安く買取されることがほとんどです。

また搬入も自分で行わなければならず、一人では無理でしょう。

嫁入りタンスを不用品回収業者で処分

不用品回収業者で嫁入りタンスを処分するのであれば、自分で運び出しする必要はありません。

また他に不用品がある場合もまとめて回収してもらえます。

回収費用はサイズによりますが、洋服タンス1個で、数千円~30,000円と粗大ゴミサービスよりもかなり割高になるのがデメリットです。

不用品回収業者はあくまで「ゴミ」として扱いますので、現金化できないという点も注意しましょう。

また、費用も業者ごとに違うので、複数社比較する必要もあります。

悪徳業者も中にはいて、不法投棄されたり、高額請求されるケースも後を絶たないのが現状です。

嫁入りタンスををネットオークションやフリマで処分する

フリーマーケットで処分

オークションやフリマは多くの人が利用する身近なサービスです。

ただオークションは出品手続きが大変で手間がかかります。

  • 出品者登録
  • 出品手続き
  • 落札者とのやりとり
  • 梱包や発送手続き

また、そもそも素人同士の売り買いなので、

  • 嫁入りタンスが適正価格より安く競り落とされる

ことがほとんどで、売れ残ることも多くあります。

フリマも手軽な存在ですが、オークションと同様に安く買取されたり、売れ残る可能性が高く、嫁入りタンスの処分法としてはオススメできません。

嫁入りタンスを家具買取業者に買取してもらう

ここまでの方法は、嫁入りタンスの処分に費用がかかります。

高ければ30,000円近くかかることさえあるのです

しかし、家具買取業者に嫁入りタンスを買取してもらえば費用がかからないどころか、運出しまでしてくれて現金をもらえるのです。

出張買取なら電話一本で自宅に出張してもらえ、手間もかからないので一番よい方法といえるでしょう。

嫁入りタンスの他にも買取してもらいたい不用品があれば、すべてまとめて査定してもらうことができる業者も多いので、とても便利といえます。

いかがでしたか?

嫁入りタンスの処分法についてご紹介してまいりましたが、嫁入りタンスを売りに出すことをお考えでしたら、かいとりや本舗の無料査定をぜひご利用ください!

一覧に戻る